幼児のどもりの原因 | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

幼児のどもりの原因

 

どもりは、医学用語では吃音(きつおん)と
あらわし、発音障害の症状のひとつです。

幼児期にははじめの音を何回もくりかえす
連発型吃音がほとんどで、男児に
あらわれることが多いようです。

幼児期に吃音症状が確認されたとしても、
小学校にあがるころには、およそ50パーセント
の割合で症状が消えていることが多く、

成長するにしたがって吃音はうすらぎ、
成人するころにはまったく治っている
というケースもあります。

一方で、連発をおさえようという意識が
めばえるために、身もだえの行動があらわれ、
はじめの音さえも出しにくくなる
難発型吃音に変化することもあります。

吃音の原因は残念ながら定かではありません。

おそらく、何かに対して脳や体が感じる緊張が、
ほぐれることなく積み重なってしまうことに
よるものと考えられているようです。

さらに、家庭環境、親の教育、兄弟関係、集団生活での
コミュニケーション等のさまざまな事柄が
複合的にからまるために、吃音の原因の特定は
むずかしいとしか言いようがありません。

幼児期の吃音に対しては、無理に治そうとしたり
原因を追及することよりも、

家族がおおらかな気持ちをもって、
幼児と一緒に心身ともに自然体で
リラックスして過ごすようにしたいものです。

どもりの治し方.COM TOP » 幼児のどもりの原因

ダイエットに挑戦