子供の吃音は親の教育のせいではない | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

子供の吃音は親の教育のせいではない

子供の吃音は親の教育のせいではありません。

自分の子供が吃音になると、親としては
本能のスイッチが入り、我が子を吃音にしたのは
自分のせいだと思います。

しかし、そうではなく、親は1人の人間を
吃音にするほどのパワーはありません。

子供の吃音は、そもそも吃音資質をもって
生まれてきているのです。

たまたま、吃音を発生する高い確率をもって
生まれてきただけです。

吃音は言葉の問題としてよく取り上げられますが、
本質は心の問題にあります。

さまざまなプレッシャーやストレスからくる
心の叫びであり、子供の目線で見たストレスになります。

魔の2歳児、第一反抗期などとよく呼ばれていて、
2歳の後半に吃音が発症するケースが多いと言われています。

まだ自我が確立していない子供に吃音の悩みがあると、
親の教育がどうしても懸念されますが、そうした意見に
影響されてはいけません。

自分の子供が吃音の場合、
安心できる落ち着ける環境を作ることです。

もちろん、甘やかす必要はなく、質実剛健がベストです。

親として厳しい目を持ちながらも温かい家庭を配慮し、
子供が安心して自由にどもれる環境を作ればいいのです。

吃音の子供には穏やかに接し、
まず温かい家庭を築き、その後、
具体的な対処を講じていきます。

どもりの治し方.COM TOP » 子供の吃音は親の教育のせいではない

ダイエットに挑戦