子供のどもりを治すために親ができること | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

子供のどもりを治すために親ができること

子供がどもりであると親は心配しすぎるようです。

特に幼少期のどもりは一時的で、
多くは自然に治ります。

子供は毎日たくさんの語彙を覚え、
話したい言葉、使ってみたい言葉が
たくさんあります。

しかし、頭では新しい言葉が出てきていても、
身体の方はまだまだ未熟で滑舌がうまくありません。

でも、実は本人はあまり気にしていないものです。

それを、親が「ゆっくり話して」と言い直させたり、
「うまく話せるから」などと励ますと、子供は
話すことに緊張してますます悪循環を招きます。

重要なのは親の接し方で、あまり心配しすぎたり
神経質にならないことです。

少々のいい間違いは幼少期のかわいらしさと受け止め、
その子のペースでのびのびお話をさせてあげましょう。

どもりは焦りからくる場合も多く、親が早口だと
どもるケースも見られるようです。

子供に対してゆっくり話しかけることも
どもりを治す方法です。

また、感受性が強く、神経質なところがある子は、
環境の変化や親の妊娠出産などでストレスを
感じて突然どもるようになることもあるようです。

子供のどもりがストレスが原因のようであれば、
できるだけストレスを取り除いてあげるように
親が気を配ることで、改善します。

どもりの治し方.COM TOP » 子供のどもりを治すために親ができること

ダイエットに挑戦