吃音症の言語療法 | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

吃音症の言語療法

吃音症には言語療法があります。

うまく言葉が使えない吃音症の人に対して、
訓練、相談をするというものです。

言葉の障害は原因や症状がそれぞれ違うので、
個人によってその訓練方法も違います。

専門的な観点から1人1人にコミュ二ケーションを
とる手段をとるのが言語療法なのです。

国は言語障害を軽視していたのを見直すという観点から、
言語聴覚士という国家資格を創設しました。

資格導入以前は一部で好き放題に治療が行なわれていた
実態がありましたが、資格導入後、有資格者でないと
治療行為はできなくなりました。

吃音症の言語療法は、まさしく
ことばの障害の機能訓練であり、
言語聴覚士が担当します。

言語聴覚士は、医療現場においては、
脳神経外科、耳鼻咽喉科、形成外科、歯科、
口腔外科、リハビリテーション科などに
所属しています。

言語療法では、
構音障害に対する発語器官の運動機能訓練、
吃音症に対することばの表出訓練などを行い、
実際の発話へと結びつけていきます。

吃音症に有効な言語療法を含む
言語障害のリハビリテーション環境は、
まだ、十分な訓練を行なえる現状ではありません。

どもりの治し方.COM TOP » 吃音症の言語療法

ダイエットに挑戦