吃音恐怖症とは | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

吃音恐怖症とは

吃音恐怖症とはどもり恐怖症とも呼ばれます。

言葉がうまく話せない症状が見られるため
言語障害のようでもありますが、吃音症とは異なり、
不安感を感じたときなど緊張時に吃音症状が起こるので
あがり症のタイプに分類され、言語障害ではありません。

吃音は子供の頃などにまだ発声がうまくできないことで
なったり、ストレスによって起こります。

その吃音の記憶が不安や緊張で呼び起され、
またどもるのではないかというさらなる恐怖を呼び起こし、
ますます吃音がひどくなってしまいます。

ひどい場合にはしゃべれなくなってしまうほどの症状が出ます。

しゃべれなくなると治療は困難を極めるので、
そうなる前に、吃音恐怖症を改善しなければなりません。

吃音恐怖症を改善するには人前で話すときは
誰でも緊張してしまうことを言い聞かせること、
話すことに慣れることが重要だと言います。

緊張が恐怖でなくなれば吃音症状が出ることも減ってきます。

吃音恐怖症は心の問題でもあるのです。

心の感度が強いともいえることですが、
人と接することやストレスの多い社会では
鈍感になることも大切です。

また、失敗する自分も認めることです。

こうした訓練を重ねることで
吃音恐怖症も改善されていくでしょう。

どもりの治し方.COM TOP » 吃音恐怖症とは

ダイエットに挑戦