どもることは悪いことではない | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

どもることは悪いことではない

どもるということは、緊張などの
精神状態次第で誰にでもおこりうることです。

それとは別の、常にどもってしまう状態は
俗に吃音と呼ばれる病気です。

吃音症という病気があることを知らずに、
常にどもってしまう人を常に緊張している
気の小さい人としてバカにする人がいますが、
あってはならない事です。

病気や生まれつきの体質は本人の努力だけで
解決できる範囲には限りがあります。

自分の子供が常にどもることを気にしてしまう
親がいますが、まずはどもることは悪い事ではないと
開き直りましょう。

誰にバカにされても親だけは自分をバカにすることは
ないと子供を安心させなければいけません。

理解者が一人でもいれば人間は安心できるものです。

子供のどもりを親が気にしてしまうと、子供は
どもることは悪い事なんだと思い込んでしまい、
精神的に追い詰められてますますどもるように
なってしまいます。

どもることが悪い事だと思い込んでしまうと、
だんだんと言葉を発する事を避けるようになります。

吃音は努力によって改善する可能性があるとも
言われていますが、どもりを気にして言葉を発する機会が
減ると改善の可能性もどんどん下がってしまいます。

まずはどもりを気にすることをやめ、
どもっていても子供と十分に会話の時間を
とってあげてください。

どもりの治し方.COM TOP » どもることは悪いことではない

ダイエットに挑戦