どもり症とは? | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

どもり症とは?

どもり症とは別名
吃音(きつおん)症とも言われ
話すときに言葉が連続して出たり
その逆に言葉が出なくなってしまう病気です。

とはいえ誰でも一度は
クラスや会社で自己紹介をする時や
結婚式などのスピーチを頼まれた時に
どもりを経験したことがあるはずです。

こういったどもりは病気ではありません。

どもり症とは
「どもること」に強い不安を感じ
精神的苦痛を覚えるという
強迫観念症や社会不安障害の一つです。

どもってしまうかもしれないという
不安と恐怖から
どもってしまう人もいれば

どもらない言葉と場面を選んで
神経を使いながら会話するため
どもり症には見えない人もいます。

いずれの場合にせよどもり症である本人は
会話や社会生活に常に大きなストレスを感じ
深刻な悩みを抱えていることが多いのです。

どもることを改善することで
「どもるかもしれない」と思うきっかけを減らし
精神的苦痛を軽減することが
どもり症改善にとっては肝心です。

どもり症の原因ははっきりとはわかっていませんが
様々な治療法や矯正法が研究されており、どもりを改善し
どもり症による精神的苦痛を和らげる方法が開発されています。

大人になってからの吃音症は治りにくい
というので、どもりに悩んでいるお子さんは
なるべく早めに治療を受けましょう。

どもりの治し方.COM TOP » どもり症とは?

ダイエットに挑戦