どもりの悩み | どもりの治し方.COM

無料プレゼント

生涯どもりに悩まされないための3つのアプローチ

どもりの悩み

‘どもり’とは、突然、人前で、
特定の言葉が発しにくくなる疾病で、
言葉を連続して発したり、一時的に無音状態が続く
などの言葉がスムーズに話せないことです。

他の身体的障害や言語障害と同じように、
‘どもり’は嘲笑やいじめの対象になる事もあります。

学校等では、音読の授業で上手に喋れず
子供の心に深い傷を負わせることも多いです。

社会生活においては、自分の名前が言えない、
店で注文できない、人と円滑にコミュニケーションを取れない、
挨拶が出来ない、電話がかけられない、

などの悩みを持つことにより行動を自分自身で
制約してしまいがちになります。

人によっては‘どもり’に絶望し自殺する者もいます。

そのほか2次障害として、
うまく言葉が話せないことに起因するうつ病、
対人恐怖症、社会恐怖、引きこもりなどが挙げられます。

その為、日頃から、自分が
「言葉が出る」「言葉が出やすい」「どもらない」
状況を周到に用意したり、必要な物でも言えない物は
購入しないあるいは、かなり回りくどい方法で購入をするなど、

周囲に不自然さを感じさせないために費やす労力や
神経疲弊の大きさは想像を絶する苦しみとなっています。

どもりの治し方.COM TOP » どもりの悩み

ダイエットに挑戦